今日からわかる日焼け止め

日焼けのメカニズムってどうなってるのかな



夏のお悩みの一つの日焼けですが、どうして日焼けするのでしょうか。

日焼けは、体に有害な紫外線から身を守るため紫外線を浴びるとメラニン色素(肌の色や髪の色を決定する要素)を作り出し肌が赤くなったり黒くなったりします。

又、メラニンは色素の中で、チロシンというアミノ酸にチロシナーゼが反応して、次々と反応してメラニン色素が大量につくられます。

その、作られたメラニン色素は本来通常の健康な表皮ならターンオーバーで角質とともに排出されますが大量のメラニン色素は様々な要因(加齢、ストレス、ホルモンバランスの変化等々)により本来のターンオーバーでは排出しきれずに残ってしまいます。
この残ったメラニン色素がシミの原因となるのです。


SPFの意味わかりますか?



日焼け止めクリームって色々記号がありますがどんな意味があるのでしょう。

まず、SPFですが紫外線防御指数といいましてSun Protection Factor(サン プロテクション ファクター)の略です。

UVB波の防止効果を表す指標です。

太陽光線には、波長の長いものから「電波線」「マイクロ波線}「赤外線」「可視光線」「紫外線UV-A」「紫外線UV-B」「紫外線UV-C」「X線」「γ線」などが含まれています。さらに、紫外線はその波長の長さによって「A波(UVA)」「B波(UVB)」「C波(UVC)」に分けられます。
太陽光線は波長の短いものほど人体への影響が強いのですが、波長の短いものは大気圏のオゾン層でカットされて地上には届かないのです。
紫外線ではUV-AとUV-Bが地上へ届きます。

では、UV-AとUV-Bをみてみましょう。

まず、UV-Aですが、UV-Aは肌の奥まで届く紫外線です。
UV-Aに当たると肌が黒くなる日焼けを引き起こします。
UV-AはUV-Bに比べて肌への影響は少ないのですがシミやシワの原因に大きく関わっています。
UV-AはUV-Bに比べて波長が長いので肌の奥まで届きコラーゲンを破壊したりし長い時間をかけてシミやシワの原因となっていきます。

ではUV-Bはどうでしょうか。
UV-Bに当たると肌が真っ赤になったり水ぶくれが出来たりとやけどのような症状が出ます。
UV-Bはエネルギーが強いため皮膚表面の細胞を傷つけたり細胞の中のDNAを変異させたり、皮膚がんの原因になったりします。
ただ、波長が短いので地上に届く量がUV-Aより少ないので日傘などでもある程度は防御できます。


肝心のSPFとPAの数値ですが、

SPFですが、理論上は何も塗らない肌で赤くなる時間が10分ならSPF20なら10分×20=200分(3時間20分)までUV-Bによる日焼けを防止するという意味です。
あくまでも理論上の数値ですし、赤くなる時間も個人差がありますので日中外出している場合は2〜3時間おきには塗りなおしてください。

PAは+、++、+++の+の三段階で表されます。
皮膚が黒くなる最小限の紫外線量に対して日焼け止めを塗った時に何倍の紫外線量に耐えられるかというのがPPD値としてあります。
PPD値が2以上4未満でPA+「効果がある」、4以上8未満でPA++「かなり効果がある」、8以上でPA+++「非常に効果がある」の3段階



+が大きくなるほど肌が黒くなるのを防げますが強い日焼け止めは酸化チタンなどの鉱物由来の成分が多いので肌にも負担がかかります。

通勤、通学で日差しの元に出るのが少ない場合やガッツリお日様とたわむれる公園でお散歩などなど・・・シチュエーションで日焼け止めを選んで使ってくださいね。
posted by ダイエット成功したいママ at 22:27 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日焼け止め | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
最近の記事
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。